ポケットティッシュボックス

手作りポケットティッシュボックスの活用法

家に大量に眠っているポケットティッシュを、今すぐ活用したいというときには、
家にある材料を使ってポケットティッシュボックスを作りましょう!
自作するポケットティッシュボックスに工夫を加えることで、
ポケットティッシュを使うこと以外にも活用方法を見出すことができます。
 
頑丈な素材があればOK
ポケットティッシュボックスを簡単に作成するためには、「頑丈な素材が必要」です。
頑丈な型紙として使える素材には、ボックスティッシュの箱や牛乳パック、固めの画用紙などです。
 
ポケットティッシュボックスを作るための素材が見つかれば、次に型紙の図面を手に入れます。
型紙の図面は、インターネット上に無料で掲載されています。
図面通りに素材を切って、図面通りに貼り付けることができれば、
身近にあるものだけでポケットティッシュボックスが完成します。
 
自作のポケットティッシュボックスに収納ポケットを付ける
自作のポケットティッシュボックスに「収納ポケットを付ける」ことで、
ティッシュを使用すること以外にも使い道が生まれます。
 
ボックスの本体は、ボックスティッシュの箱や牛乳パックなどの素材を使って作ることができます。
組み立てた本体をさらに効果的にデコレーションするためには、本体の周りに好きな生地を貼ったり、
模様を付けたりすることでオリジナリティ溢れるポケットティッシュボックスを作ることができます。
 
生地を貼り付けたポケットティッシュボックスは、収納ポケットを付けることで
別の物を収納することもできますし、ティッシュを収納すること以外の方法で二次活用することができます。
 

無料でもらったポケットティッシュがいつの間にか増えて、大量に引き出しに貯まっている方も多いのではないでしょうか。
ポケットティッシュは消耗品です。そのまま放置していては自然に消耗してしまうだけであり、
必要な時には使用できなくなるといったマイナス面が生じます。
 
使用するティッシュにコストを掛けるだけでなく、無料のポケットティッシュと併用することで、
経済的なメリットを高めることも大切なポイントです。
 
今回ご紹介したポケットティッシュボックスは、たくさんあるポケットティッシュを無駄なく使用するために、
非常に効果的なアイテムです。
このようなアイテムを効果的に使用することで、無駄のないライフスタイルを送ることが
とても重要なことであるといえます。